<< レイクサイドマーダーケース | main | 下妻物語 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
プラトニックセックス
プラトニック・セックス <映画版>
プラトニック・セックス <映画版>

監督:松浦雅子
原作:飯島愛
出演:加賀美早紀/オダギリ・ジョー/阿部寛/加勢大周/野波麻帆
内容:友人たちにレイプされ、家族にも見放されたあおい(加賀美早紀)は、
17歳の誕生日に学校の屋上から自殺を謀ろうとする。
しかし、そこに届いた1通の間違いメール。
あおいはその自分ではない誰かに宛てたメールの言葉に死ぬのをやめて返信する。
そこから始まった顔もわからない相手トシ(オダギリジョー)とのメール交換が、
その後、夜の街をさまよい身体を売って生活費を稼ぎながら生きるあおいの心の隙間を埋めてゆく…。(アマゾンさんよりコピペ)

正直、もっとエロイかと思ってたよ。
だってR15指定だったんだもん。
あーしょーもな。←何を期待してた?>私

間違いメールから始まる恋愛。
ラストは悲しく切ない。
最初と最後の屋上のシーンだけだったら、少女漫画みたいな内容でした。
うん。途中は結構どーでもよくって、阿部ちゃんが演じてた
バブルの象徴みたいなおじさんは、ほんとにいたのかなぁーぐらいにしか
思ってなかったけど、ラストはね。ちょっと切なすぎたよ。
オーソドックスと言われれば、オーソドックスなんだけどね。

この映画のオーディションで女優デビューした加賀美早紀さん。
体当たりの演技、良かったです。
それよりこの子の名前、加賀・美早紀ですか?加賀美・早紀ですか?
どっちなのぉぉぉおーー?

相手役がオダジョーだったこと、最後らへんまで気づかなかったよ(泣)
なーんか男前っぽい雰囲気の人だなぁ。
誰なんだろうなぁ。
DJブースに入ってる姿、かっこいいなぁ。
なんて思いながら見てました。
いやはや自分にビックリ(笑)

原作本を、ブックオフで100円で見つけたけど読む気ゼロ。


プラトニック・セックス
プラトニック・セックス
飯島 愛
| 14:43 | エイガ | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| 14:43 | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nobukomiti.jugem.jp/trackback/219
トラックバック
加賀美早紀
加賀美早紀加賀美 早紀(かがみ さき、1985年(昭和60年)2月26日-)は、千葉県佐倉市出身の女優。血液型はA型。1985年、千葉県生まれ。2001年、16歳の時に飯島愛の自伝を映画化した「プラトニックセックス」主演女優オーディションで12083分の1の倍率を
| さやの部屋 | 2007/07/28 2:05 PM |