<< 病院へ行こう | main | 友子の場合 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
亀屋ミュージック劇場
亀屋ミュージック劇場

脚本・演出:イナダ
出演:大泉洋/音尾琢真/川井"J"竜輔/江田由紀浩/棚田佳奈子/庄本緑子 
内容:昭和の終わり頃の浅草にあるストリップ小屋『亀屋ミュージック劇場』
を舞台に繰り広げる人間模様。
立ち退き問題や借金でつぶれそうなストリップ小屋。
年老いたストリッパーや訳ありのストリッパー。きっぷだけ良い支配人。
何故か小屋に出入りするうだつの上がらない刑事。
そしてかっては人気を博したが今じゃ落ち目めな芸人の師匠。
さまざまな人の葛藤を若い芸人を目指す一人の男の目をとうして昭和と言う時代、
そしてなくなっていく物への悲しさを描きだしていく。
劇団イナダ組公式HPよりコピペ)

北海道で活躍している劇団イナダ組に、北のSMAP(笑)のチームナックスから
大泉洋と音尾琢真が客演!
大泉さんは、落ちぶれた芸人、ロマン師匠を好演。
音尾さんも、刑事役を好演。
ストリップ小屋の楽屋というセットだけで、2時間見せてくれました。
途中、左側で現在のシーン。
右側で、過去の回想シーンをしたり。
セットは変ってないのに、照明や役者の力で違う背景が見えた気がした。

内容は、正直あまり好きじゃない。
てか、吉本新喜劇にしか見えなかったり・・・(笑)
関西の人が見たら、いつ島木譲二が出てくるんだろう?って思っちゃうかも。
人情物が好きな人は、どんぴしゃはまると思います。

ビートたけしさんの歌を使ってるときには、うわーーって思った。
好きなんです。
たけしさんの歌声。

あんま好きじゃないとか思いながら、2時間早かった。
てことは、面白いってことか。うん(笑)



| 14:47 | 本・DVD | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 14:47 | - | - | - |
コメント
私もね、一度観たっきりです。まだハードに入ってるからいつでも観れるんだけどまぁいっか、って感じで。
スカパー観れるならもうナックスのコンポーザー観れた?
いずれこれらもレンタルしだすんだろうな~。ってか、もうなってるのか?
| nukumam | 2006/09/20 2:54 AM |
>nukumamさん
コンポーザー見てないねーーん!!
スカパーでやってたんかなぁ?
今回のも知り合いに借りて見てるねん。
生で観たいよねぇ。
| ノブコ | 2006/09/20 2:36 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nobukomiti.jugem.jp/trackback/260
トラックバック