<< ジュリエットゲーム | main | 星になった少年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
WAR
war

脚本・演出:森崎博之
出演:森崎博之/大泉洋/安田顕/佐藤重幸/音尾琢真

題名どおり、戦争物です。
無国籍軍が、世界平和のために日本を侵略し、、、って話だったんですが
客演が多く、全員男子。そして迷彩服。
チームナックスの5人は、1人何役もやってたんだけど、途中まで全く分からなかったです。
で、何?何?なんかさっきと違うこと言ってない?
なーんて頭ぐっちゃぐちゃで見ていたら、
大泉さんが劇中で「1人何役もやってるから。」って台詞を言ってて
そこで初めて気づいた。←バカ

てか、最初から理解できてた人っているんだろうか?

似たような衣装。
似たようなしゃべり方。
特徴がなさすぎて、見分けがつきにくかったです。

無国籍軍といいつつ、考え方は旧日本国軍。神風特攻隊。
今井雅之さんの『THE WINDS OF GOD』を少し思い出しながら見てしまいました。

私は大泉さんファンなんで、ついつい彼にばかり目がいっちゃうんだけど
他の人達のエピソードもすごく切なくて。
ラストに向かうにつれ、スピード感もどんどん増してきて
最後には泣きそうになりました。

ラスト、出演者全員が並んで無言で行った動作を見て、
「うん。うん。そうだよね。そうだよね。」と強くうなずいた。

もちろん反戦派なんだけれど、日頃戦争のことなんて考えてないし
平和ボケしまくってるので、見てよかったと思えた作品でした。
| 14:32 | 本・DVD | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 14:32 | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nobukomiti.jugem.jp/trackback/266
トラックバック