<< WAR | main | LOVER >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
星になった少年
星になった少年 スペシャル・エディション
星になった少年 スペシャル・エディション

監督:河毛俊作
出演:柳楽優弥/常盤貴子/高橋克実/蒼井優/倍賞美津子
内容: 『誰も知らない』で天才子役ぶりを見せつけた柳楽優弥が、
象使いとなった実在の主人公を演じる。
動物プロダクションを営む一家の息子、小川哲夢は、象の心が読める特技を持つ。
そんな彼も、新しく買われてきた子ゾウのランディは調教できない。
哲夢は一人前の象の調教師になろうと、専門の訓練学校のあるタイの田舎町へ向かう。
タイトルが示すとおり、悲しい結末を予感させる物語だ。(アマゾンさんよりコピペ)


常盤貴子がきれいすぎた・・・。
高橋克実の連れ子かと思ったら、常盤貴子が産んでるっていう設定に違和感(苦笑)
しかし柳楽くん。
相変わらず朴訥としてて、演技が上手いのかどうか分からないけど
目の力と存在感はすごいなぁ。

義務教育の途中で単身タイ入り。
言葉も分からない、象とは意志の疎通が出来ないっていう状況を乗り越える力強さ。
最初は現地の食べ物も拒否し、表情もほとんどなかったけど
仲間が出来、象とも仲良くなっていくにつれ、笑顔がいっぱいになってきて。
トカゲみたいなのを食べて「美味しい!」とタイ語で叫んだ時の彼の笑顔を見て
すごく和んだ。

日本に戻り、象使いとしてがんばってるけれど学校や父親と衝突したり。
あの先生はあかん。最悪や。
父親も言っちゃいけないことをつい口走っちゃったし、、、。

ラストはどうなるか分かっていたけれど、
でもやっぱり主人公の哲夢が事故にあったシーンで号泣。
象が、、、象が、、、(泣)

タイの素晴らしい自然の風景を見るだけでも心が安らぎます。
そして哲夢くんじゃないけど、象達の気持ちが分かるような気がします。
だったいろんな表情してるんだもん。
音楽もすばらしかったです。

志半ばで逝ってしまった彼の意思は、今でも引き継がれてるのかな。


柳楽優弥主演映画 『星になった少年Shining Boy&Little Randy』 VISUAL BOOK
柳楽優弥主演映画 『星になった少年Shining Boy&Little Randy』 VISUAL BOOK
井上 貴之

絵本 ちび象ランディと星になった少年
絵本 ちび象ランディと星になった少年
ごとう やすゆき, ミヤハラ ヨウコ, 坂本 小百合
星になった少年~Shinning Boy&Little Randy~
星になった少年~Shinning Boy&Little Randy~






| 15:07 | エイガ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 15:07 | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nobukomiti.jugem.jp/trackback/268
トラックバック