S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
<< コナン実写版 | main | ロンドンハーツ3時間スペシャル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
樹の海
樹の海 スペシャル・エディション
樹の海 スペシャル・エディション

監督:瀧本智行
出演:萩原聖人/井川 遥/池内博之/津田寛治/ 塩見三省
内容:霊峰富士の麓に広がる広大な緑の海・青木ヶ原樹海。
この“樹の海”を舞台に、編み込まれてゆく4つの物語。
借り逃げした女を追いかけ、樹海へと足を踏み入れた消費者金融を営むタツヤ(池内博之)の不安。
樹海で自殺した女性と、自分が一緒に写っている写真を
探偵(塩見三省)に見せられるサラリーマン、山田(津田寛治)のとまどい。
日々何事にも関わらず、自分の経歴を隠し続けて駅売店に勤める手島(井川遥)が樹海へと向かう、思いつめた目。
公金横領の罪を一身に背負わされ、樹海に放り出された朝倉(萩原聖人)が、
自殺志願者の男と森の中で出会ったときの驚き、そして…。
“死”という事態に直面したときにこそ、見つめ直せる“生”。
「生きよう」という願いを編み込み、「人間ドラマ」を紡ぎだす。(アマゾンさんよりコピペ)

この映画。どこで知ったのか覚えてないけれど、なんとなく記憶の片隅にあって。
だからスカパーの番組表で見つけたときには、「お!」って思って録画。
そして見てみた。
4組それぞれすばらしかった。
池内博之さんの携帯持っての1人芝居は、全ての会話をリピートしなくちゃいけなくて
不自然になりがちだけど、あまり違和感を感じませんでした。
ロープに沿って歩いていくうちに、彼の不安がこちらにも伝わってきました。
萩原聖人さんの淡々としたしゃべりは、静かだからこそ心に響き。
もしかしたらこの人、このまま狂うんじゃない?って思ってしまうほど。
だって死体相手にずーーっと独り言なんだもん。
井川遙さんは、だんだん演技が上手になってきてると思った。
津田さんと塩見さんは、全くの初対面なのに飲み屋で少しずつ意気投合していって、、、。
樹海のシーンは、木漏れ日から射してくる光りがキレイで。優しくて。
本当にここが自殺の名所なの?って思うほど。
4組共、希望の持てるラストだったのが嬉しかった。
特に井川さん演じる女性に共感。
地味な映画だったけど、もっと話題になってもいいのにな。
鑑賞後、じわじわと感動が沸いてくるいい映画でした。

| 10:00 | エイガ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 10:00 | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nobukomiti.jugem.jp/trackback/270
トラックバック