<< 東京タワー オカンとボクと、時々オトン | main | たったひとつの恋 最終回 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
LOOSER
LOOSER 失い続けてしまうアルバム
LOOSER 失い続けてしまうアルバム

脚本・演出:森崎博之
出演:TEAM-NACS(森崎博之・安田顕・佐藤重幸・大泉洋・音尾琢真)
内容:。“新選組”をモチーフに、隊士たちの生き様を幕末にタイムトリップした
現代の三十路男の視点で見つめ、斬新な解釈で描いたオリジナルストーリー。

ナックスのDVDを見るのはこれで何本目だろう?
見るたびに思う。
北海道にすごい5人組がいたんだなぁーって。
今まで知らなくて、損したなぁーって。
最初は、大泉さん目当てで”見たい!”って思ってたんだけど
見るたびに、”ナックスの舞台が見たい!”に変わっていった。
だから今回も期待して見始めた。そして期待を裏切らない内容でした。

『新撰組』という有名な題材を上手いこと料理してた森崎さんの腕前に感服。
史実を詳しく知らなかったけれど、説明の部分もきちんとあったり、分かりやすかった。
森崎さんなりの解釈とかもあって、それはそれでよし。
5人だけの舞台なので、1人何役もこなさなきゃいけないけれど
『WAR』の時と違って、分かりやすい衣装チェンジだったので戸惑いもほとんどありませんでした。

何より音尾さんの演じ分けが素晴らしかった。
沖田総司と桂小五郎を全く違う雰囲気で演じていて、でもどちらも魅力的で。
安田さんの脱ぎキャラもなくてはならないんだろうね(笑)

2時間14分。
息つくヒマもなく、幕末の時代を一緒に駆け抜けていった気がしました。
そして、ちょうど将来のことを考えてたここ数日だったので、
心にドスンと響くラストでした。
いつか、舞台に足を運んで見てみたい劇団です。

でもなぁ、、、
チケット争奪戦すごいからなぁ・・・(汗)


| 14:09 | 本・DVD | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 14:09 | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nobukomiti.jugem.jp/trackback/293
トラックバック