<< ガラスの仮面 | main | 七人の弔 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
R-1グランプリ 2007
毎年楽しみにしてるR−1グランプリ
今年の決勝進出者を見て、やっぱりなと納得する人と誰?っていう楽しみな部分と半々。

土肥ポン太(吉本興業 大阪)
徳井義実(吉本興業 大阪)
大輪教授(ケイダッシュステージ)
友近(吉本興業 東京)
ウメ(ソニーミュージックアーティスツ)
やまもとまさみ(マセキ芸能社)
バカリズム(マセキ芸能社)
なだぎ武(吉本興業 大阪)

知らない人が3人。
個人的には、土肥ポン太が決勝まで来た事にビックリ。

さぁ、番組が始まった!!

あれ?宮迫さんってほしのあきのこと嫌い?
全然見ようとしてへんねんけど?(笑)

1人1人の感想は、、、
ま、いっか。

大輪教授とウメが最初、同一人物かと思ってた。
そして2人共、頭のいい笑いって感じだったなぁ。
あ、バカリズムも頭の良さが出てるネタだった。

いや、、、お笑いしてる人は、全員頭がいいと思ってるんだけどね。
関東勢の笑いって、ほぉーすげーー。面白いこと言ってるなぁーって感心はするけど
爆笑はしないってことが多いんだよな。
なんだろ?私が関西人丸出しだから?←ポン太風。

徳井くんとなだぎさんが同点の時は、鳥肌が立ったよ。
どっちも優勝してほしかったなぁー。

なにはともあれ、なだぎさん、おめでとうございます♪

今年も楽しくR-1グランプリを見ることができました。
| 22:50 | テレビ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 22:50 | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nobukomiti.jugem.jp/trackback/317
トラックバック