<< 老けたな・・・ | main | 認知症 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
手紙
手紙 スタンダード版
手紙 スタンダード版

出演:山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ/尾上寛之 etc
監督:生野慈朗
原作:東野圭吾
内容:弟の大学の学費のために盗みに入った邸宅で、誤って女性を殺してしまった剛志。
千葉の刑務所に服役中の彼の唯一の支えが弟の直貴から来る手紙。
しかし、兄が受刑者というだけで、差別され、仕事も転々とし、恋人にもふられ、
夢さえ打ち砕かれてきた直貴。
兄を思いながらも、その存在の大きさ、罪の大きさに彼は押しつぶされそうになる。
そんな彼が所帯を持った。
守らなければならない妻、子どものために、直貴はある決心をした。

事件後の加害者側の家族を描いた作品って少ないよね。
服役すれば罪が償えるわけじゃない。
もしかしたら、刑務所に入ってる加害者が一番平和に暮らしていけるのじゃないか、、、
そんなことも思ってしまった。
家族に犯罪者がいるというだけで、差別され迫害される弟。
陰のある役をやらせたら、山田孝之の右に出るものはいないねー。
ほんと上手い。
殺人を犯してしまう兄・玉山鉄二の静かな演技もすばらしかった。
そして沢尻エリカも上手いしかわいいなぁ。

個人的には、お兄さんの強盗殺人は情状酌量の余地があって
無期懲役は厳しすぎるんじゃないかと思ったんだけど、、、。

「差別されて当然だ。」と言い放った会長の言葉が衝撃的だった。
えーーー!!
そんなこと普通言う?って。
でも誰もがそういう感情があるはず。
映画だから同情しながら見てたけど、もし私の家の隣に
犯罪者の家族が住んでたら、いい気はしないもんな、、、。

いろんなことを乗り越えて、桜が咲き乱れる道を妻子に向かって歩いていく
主人公・山田孝之の顔は、何か吹っ切れたような、強くなったような。
いい表情をしてました。

この映画。
好きです。
お勧めします。


と、褒めておいて私の悪い癖の斜め目線の感想(?)も。

・家へのラクガキが度をすぎてた。
・沢尻エリカの関西弁が変だった。
・沢尻エリカの山田孝之へ対する異常なまでの執着心。軽くストーカーだったよね。

何より自分自身がほんとに心の冷たい人間だなと思った部分は、
・被害者の息子(吹越満)がお葬式のシーンで、突然号泣した時
うわっ!コントみたいだ!って吹きだしたこと。

ほんとサイテー。




| 14:50 | エイガ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 14:50 | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nobukomiti.jugem.jp/trackback/382
トラックバック